読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

七色とんがらし

日々の心模様を載せています

4.6 解釈 ╰(✿´⌣`✿)╯♡

遠くから風に乗って 五千円!有難うございますと聞こえて来たので

誰か募金でもしたの ( ་ ⍸ ་ )?と思った福ふくです

 

よ~~く耳を済ませたら 『ご声援ありがとうございます』と言ってますた…💧

やだわぁ~ また空耳ワールドじゃないの。。。

夕べは爆睡したのに まだ脳みそ眠ってるのかしら (,,Őฺ∀Őฺ,,)危ないもんだわ💦

 

 

 

さて 昨日の続きになっちゃいますけど。。。💦

 

福ふくは何のために生まれて来たんだろ?って 考える時が有るんですけどね

意味なんかないと思えれば良いんだけど 昔からここに引っ掛かりを持ってるんで 時折り内観モードに入ると 『う~~~ん』( ꒪ д꒪ ;)と 目が天上に向いてしまうんですよ

変人を通り越して 頭おかしいのかもしれないわ💧

 

f:id:tongarashi:20150406161103j:plain

幼い頃から 身近な存在だった人の葬儀に参列する機会が多くてねぇ~

高校生の頃には更に多くなって 恩師の時には代表で弔辞まで…

結婚も早かったから旦那さん所縁の人達が増えて 更に参列回数がUP⇧

 

義理での参列などはほんの数回で

可愛がってもらった・お世話になった・仲良しだった・大好きだった人ばかり…

だから福ふくにとって身近で大切な存在の人は 残り数があと僅かになっちゃいました

 

ただ… 繰り返される喪失感で麻痺してしまうのか 次第に泣けなくなるんですよ

 

 

あれ?落ち着いたのかな?  と思っていたら

身近な家族や友人達がパタパタとお空へ。。。 ド━゚(∀)゚━ン 💧

 

こればっかりはショックが大き過ぎて頭が真っ白 涙も出て来なかったです

 

送りながら心の中で「次は誰?」と不安になった時期も有ったんですけど

福ふくの旦那さんがお空に昇ってしまった時は「次は福ふくで !!」と そりゃあもう心から願いましたよ

 

 

でも翌年から昇って行ったのは福ふくじゃなくて 旦那さんが可愛がっていた後輩君や先輩さんと 極め付けは福ふくの大親友… Σ(O_O;)

悲しくて苦しかったけど やっぱり大粒の涙は出なかったんです (´_`。)

 

泣けない苦しさに押し潰されながら

もしや福ふくは『見送る人』か?… と思う様に成ったのがその頃でしてね

大切な人達を見送る事で 福ふくは生き方を学ばせてもらっているのかもしれない って考える様にしてみたんです

そしたらグラグラ揺れ続けて来た心棒が 少し安定を始めた感じがしたんですよ

 

 

今は独りで過ごす時間も多いけど

それもこの世での授業時間だから受け入れまひょ!

エスケープしたら 必ず宿題になって増やされそうだから…💧ね

 

 

てな感じの まとめ話しでした。。。  ちょっと重かったね (ω`;)

 

 

 

 

(〃⌒ー⌒〃)ノ゛゛゛゛~~~~~ 宿題が大嫌いな子だったから いま多いんです💦