七色とんがらし

日々の心模様を載せています

2.23 謝謝 m(_ _"m)

『あっ・たかいんだからぁ~♬』と歌いながら わん達を洗った福ふくです

『腰・イテテなんだからぁ~♪』・・・~(>_<。)ゝ

 

気温も上がり 日中は防寒着で歩く人も少ない様ですね 春近しです🌼

あっ!ポチを下さった方 有難うございました <(_ _)> 感謝感謝でございます

 

今日のお話しは。。。

昨日お話しした職員さんは介護のプロさんなんですが 最近の介護に疲れてしまって悩んでいたんです

それは介護を受ける側の方達に対してではなく 同じ働く立場の職員さん達に… なんですよ

 

福ふくは以前から立ち話しで思いを聞いたり 時にお互いの立場を超えて相談に乗ったりしていたんですが

最近お休みがちだなぁ…と 気に成ってました

 

この前 母の入浴係りで部屋に迎えに来てくれた時
『福ふくさん 実は… ここを退職する事にしました』と言うのです

そして 死んでしまいたいくらいに悩んでいたとも…

人間関係と 目指す介護の方向性の違いに疲れていたのは感じてましたが そこまで思い詰めていたとは…

 

『立場が違うのに いつも話しを聞いてくれて嬉しかったです』と言われ

『聞くだけしか出来なくてごめんね…』と答えましたが 今年の春は 淋しい春からの始まりになってしまいました

 

体に不具合のある高齢者さん達 一人一人の尊厳を最期まで守りたい

その思いが誰よりも強い人でしたので お世話をこなすだけの毎日に疑問と疲れが増して来て ここ半年は自身の苦しみとの格闘だったと思うんです

そういう熱意の冷めない人なので この先は新設の施設でこの思いを繋げたいと聞き エールを送った福ふくです

f:id:tongarashi:20150223154233j:plain

前向きになるまで悩んだ時間は無駄ではなく きっと芽が出て花咲く日が来ると思うのです

何故なら福ふくも 死にたくて苦しくて仕方なかった年月を過ごして来たけれど 今は少しだけ前向きに おひとり様を生きられる様になっているから…

まぁ~芽止まりで もう花など決して咲かないですけどねぇ~~
(-。-;)イインデス そこは望む所ですから…

 

思えば福ふくの死にたい…は 死別の苦しみから逃げたいって事だったので
先日話した体の自由が利かない母が 死にたい気持ちになるのは分らないでもないんですよ 

でも先を見ず 嫌な過去を振り返らず
今だけを見ている暮らしならば 保てる心も有るもんですよ v(。-_-。)v
(人それぞれに考えは違うでしょうけれどね ♪)

 

 

(〃⌒ー⌒〃)ノ゛゛゛゛~~~~~ ではまたです

 

 

広告を非表示にする