七色とんがらし

日々の心模様を載せています

2.13 はてさて…(Θ_Θ;)

強風が吹き荒れて寒~いので 外には出ず

今夜は残り物と冷凍食品で済ませまひょ♬と お気楽な福ふくです

f:id:tongarashi:20150213172818j:plain

では今日のお話しですが。。。

福ふくには同い年の従姉KMがいましてね

彼女も要介護度の高いお母さんを 某所に預けているんですが

実は…今月末で従妹宅の預貯金が底を付くんですよ

なので『この後どうするの?』と聞いてみたのですが 分からないと…

 

KMちゃんは 子供の頃から不思議ちゃんでね

過去にお仕事したのは一年も無いくらいで ず~っと家にいるんです

母子家庭でしたし お母さんの年金で細々と食べていたのですが

二年くらい前にお母さんが認知症になり 徘徊が始まっちゃいましてね

 

病院に連れて行ったら 施設を紹介してくれて入所したのですが

家から歩いて行ける場所ではなかったので KMちゃんは通うのが大変だと言い出し

自分で情報をもらったのか 徒歩で行けるグループホームの様な所に移したんです

 

人間嫌いで 人とのかかわりも避けて生きて来たので

手続きとか役所へ相談とか 嫌でしょうがない… だから相談に行かないんですよ

具合が良くないから… 相談員さんが変な人だから… そんな事ばっかり言うんです

 

福ふくとは生まれた時からの付き合いなので 嫌わずに話してくれるのですが

毎月つましく暮らしていても お母さんの貯金は施設費を含めて減る一方…

生活援助の申請の話しをしても 役所には行かない…

となれば お母さんを家で介護するしかないんですよ それも近日中に引き取る話しをしないとならない…

 

今日も 『早くホームに連絡を入れないと あちらも困ると思うよ』と話したのですが

『・・・』黙るんですよ… (ノ_-;) これがまた…

ケアマネさんに至っては 相談する気も無いらしく… (ノ_-;) でもさぁ…

 

かと言って 福ふくは自分の親の分で『御馳走さま』状態ですからねぇ~

KMちゃんのお母さんの分まで払える力も無し…

どうにもこうにも 知恵が出せずのもどかしさが毎回残ってしまうんですよ

 

家庭介護は 共倒れが目に浮かぶし…

岩が動く気配なしで も~\(||_ _)/ お手上げ!

 

 

Σ(□ ̄; )Σ(    ;)Σ( ; ̄□)Σ( ̄□ ̄;) ノ゛゛゛゛~~~~~ ではまたです

 

  

広告を非表示にする