七色とんがらし

日々の心模様を載せています

1.14 "(-""-)"

どの顔絵文字も 自分とそっくりな気がする福ふくです

そう!目が離れていて鼻が曖昧... σ(^_^;) どうしましょ

 

さてと 40%offの菓子パンを食べ終わりましたので(OH!節約♪)

今日のお話しをば。。。

福ふくは俗に云う『女の大厄』の歳に 二度も病に掛かりましてねぇ

一度目はおたふくのウイルスが脊髄に入り込んでしまい

当時は3分の1くらいの確率で死んでしまうと言われた『脳脊髄膜炎』を

この身をもって経験いたしまして 何とか生還したのですが

その二年後に『子宮内膜炎』でボロボロだった子宮と卵巣ひとつを

『もう限界ですね...』と仰った大学病院の先生に取ってもらいました

 

結婚は早かったのですが 繋留(ケイリュウ)流産の繰り返しで

その度に手術をして来た為に 内膜炎を引き起こしてしまったのです

 

実は その摘出手術の時のお話しなんですが...

福ふくは麻酔に弱くて いつも覚める頃に吐き気との戦いが有るのです

意識が朦朧としている時の吐き気は 体の自由も感じずただ苦しく

何度経験をしても嫌なものです

その時も『嫌だなぁ~また戦いかぁ~』と気が重かったです (ノ_-;)

 

手術が無事に終わり 執刀医が病室で家族に説明をしていた時

私の麻酔が覚め始めたらしいのですが...

『う~~ん』とうめき声がした後

『バカ野郎!!いってえなぁ~ 話しが違うじゃねえか!

 何なんだよ全くぅ~。。。 あ~~気持ちわりい~~』と騒いだそうな...

 

福ふくは全く覚えてないんですが・・・ (/-\;)

執刀医は『長い事医者をしていますが バカ野郎と言われたのは初めてです』

と 福ふくの家族に苦笑いしながら (~_~;)言ったとか...

 

家族は平謝り状態で

母に至っては『この娘どうしちゃったのかしら オカルト映画の様だわ...』

と 大汗を掻きながらフォローを続けたそうです

 

麻酔から覚め 我に返った福ふくに

旦那さんが開口一番で『おい 本性ばればれたぞ!!どうする?』と...

事の詳細を聞いた福ふくは たくさんの金具で止められた傷の痛みより

次に会った時の先生が気に成って 生きた心地がしなかったです o(;-_-;)o

f:id:tongarashi:20150114144302j:plain

福ふくを こんなにも開放的にさせてしまうなんてぇ~

いやぁ~ 麻酔って ホントに恐いですねぇ~~ ヾ(≧▽≦)ノ♪

 

(〃⌒ー⌒〃)ノ゛゛゛゛~~~~~ ではまたです

 

 

 

 

 

広告を非表示にする